ミッチャンのぶろぐ~。

ミッチャンが書けることを書きます。

渡辺謙、気仙沼のカフェ「K-port」で、心を繋ぐ。

   

Pocket

2月に早期の胃がんが見つかり、内視鏡による手術を受け、

今月8日には、9日間も早く舞台復帰をした、俳優の渡辺謙さん(56)。

東日本大震災で被害を受けた気仙沼市の「気仙沼復興商店街」で、

20013年11月に「K-port」というカフェをオープンし、

現在も、毎日FAXでメッセージを店に送り続けるなど、

復興支援を続けています。

m93-3652-160216

 

スポンサーリンク

カフェ「K-port」、気仙沼で暮らす人々を繋ぐ場所

渡辺謙さんは、2011年3月11日の東日本大震災後、

被災地へ何度も足を運ぶうちに、

「心の港(=port)をプレゼントしたい」

という気持ちに至ったそうです。

「とにかく楽しい場所にしたい」と作ったのが、

カフェ「K-port」です。

 

設計は世界的建築家、伊藤豊雄氏。

気仙沼の仲間たちとも意見を交換しながら

2013年10月に完成、11月にオープンとなりました。

普段は集いの場、ある時はエンターテインメントのステージにもなる。

そんな場所を皆で作り上げました。

 

渡辺謙さんは、被災地に何度も足を運び、

多くの方の声を聴いて、

「今後継続して僕に出来るベストは、とにかく「共にいる」ことだ」

と感じて、K-portを作ったと、「K-port」のfacebookに投稿しています。

「k」は気仙沼、渡辺謙、絆、心に共通する「K」。

その「k」が集まる港。

そこで、皆がつながり、ともに時間を分かち合うこと。

謙さんの言う、「共にいる」ことができる場所として

そこに、存在しています。

 

そして、忙しい謙さんが「共にいる」ためにしていることが、

毎日欠かさず直筆のメッセージを送っていること。

毎日続けるのって、簡単にできることではないですよね。

謙さんの気持ちが伝わります。

メッセージはファイリングされて誰でも閲覧可能のようです。

 

メニューやイベント

さて、気になるメニューは?

  • 石窯ピッツァ(各種) ¥780~
  • 焼きカレーセット ¥1,200
  • 磯屋のまかない丼 ¥1,000
  • ワッフル k-special ¥600
  • コーヒー(各種) ¥380~
  • 紅茶(各種) ¥380

個人的には「焼きカレーセット」が気になりますね。

 

その他イベントも、ライブがあったり、

エクササイズイベント

1日限定シチリア料理レストラン

七夕イベント

など、さまざま。

また、平日は毎日キッズスペースもあるので、

ママも助かりますね。

 

「k-port」

所在地:宮城県気仙沼市港町1-3

TEL:0226-25-9915

営業時間:10:00~17:00(月~土)、9:00~17:00(日・祝)

※公式サイトやfacebookページも参照下さい。

 

 

胃がんの発見、手術を経て、舞台復帰へ

渡辺謙さんは早期の発見により、舞台への復帰も早期にされました。

正月明けに、娘で女優の杏さんが自宅に遊びに来た時に、

出産を控えているので、人間ドックを受けた、

ということが話題になり、女優で妻の南果歩さんが、

「すぐに行きなさい」

と強く勧められ、その場で連絡をしたとのこと。

そして、早期の胃がんが見つかり、

すぐに内視鏡手術を受ける。

痛みも自覚症状もなく、4日間の入院。

ミュージカル「王様と私」のニューヨーク公演は

少し延期をし、療養。

そして、9日間も早く3月17日に復帰されました。

 

謙さんは、1989年に急性骨髄性白血病を患っており、

今回のことにもさぞ驚いたことでしょうね。

ただやっぱり、定期的に検査は受けておくことが、

何にしても早期発見につながるのですね。

 

まとめ

渡辺謙さんは、日本を代表する俳優であり、大スターです。

しかし、まったく驕ることなく、

遠くにいる感じがしないのは、

プライベートでも、健康面についても、

いろいろと経験してきた渡辺謙さんだからこそなのかなと

おもます。

そうでなければ、「K-port」は存在しないはずです。

そして謙さん一人ではなく、

謙さんの気持ちに惹かれる人がいて、力を合わせて実現できています。

いろんな人のいろんな思いが集まり、そして、

楽しく、おいしく、癒される場所。

そんなカフェ「K-port」に行ってみませんか?

新たな”つながり”ができるかもしれません。

 

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

 - 芸能