ミッチャンのぶろぐ~。

ミッチャンが書けることを書きます。

関根麻里の父関根勤の孫は国籍は日本?韓国?

      2016/06/03

Pocket

関根麻里さんが、4月から仕事に復帰することになりました!

3月24日に浅井企画の公式サイトで発表されました。2015年11月15日(日)に女児を出産してから、初の仕事になります。

公式サイトのお知らせによれば、「しばらくは、声の仕事からの復帰となりますが、徐々にCM・テレビなどで見ていただける機会があると思います。」

とのこと。

ところで関根麻里さんは、知っての通り関根勤さんの娘。夫は歌手のKで韓国人。国際結婚となりますが、その子供国籍はどうなるのでしょうか?

気になりますね!

それでは、見てみましょう!

 

スポンサーリンク

あらためてプロフィール

 

sekinemari

名前:関根麻里(せきねまり)

生年月日:1984年(昭和59年)10月22日 31歳

身長:154cm

出身地:東京都

血液型:O型

趣味:旅行・ダンス・ウォーキング・お笑いライブ鑑賞・映画鑑賞・ミュージカル鑑賞・犬の散歩・スペイン語

特技:英語・パソコン

事務所:浅井企画(その他所属タレント:キャイ~ン、車だん吉、小堺一機、関根勤、千葉真一、どぶろっく、流れ星、萩本欽一、見栄晴など)

経歴:2006年5月にエマーソン大学(アメリカ、ボストン市)主席で卒業後、浅井企画に所属し芸濃活動開始。数々のバラエティー番組にゲストやMCとして出演。2014年4月より日本テレビ『ZIP!』にレギュラー出演。関根勤との親子共演を果たす。2014年8月に歌手のKと結婚。2015年11月15日に第1子女児を出産。

 

国際結婚では国籍はどうなる?

麻里さんは韓国人歌手のKと結婚しました。

国際結婚となりますが、国籍はどうなるのでしょうか?

国際結婚した関根麻里さんの国籍は?

関根麻里さんのように、外国人男性と結婚した場合、相手国により①日本人女性は、日本国籍のまま、②結婚により自動的に夫の国の国籍を取得する(日本人女性は、一時的に日本と相手国の二重国籍になる)、③結婚後、届け出などにより夫の国の国籍を取得する、の3通りあります。

現在韓国は、1998年の法改正により、韓国人男性と結婚した外国人女性も、韓国国籍を取得するには帰化手続きが必要とのこと。関根麻里さんが韓国に帰化したという話は聞かないので、おそらく、そのまま日本国籍ではないでしょうか。

生まれた子供の国籍は?

父親が韓国籍、母親が日本国籍のままであれば、子供は重国籍となります。

法務省によれば、「日本国民である父または母と父母両系血統主義を採る国の国籍を有する母または父との間に生まれた子 」は重国籍になります。
日本も韓国も父母両系血統主義です。

そして、日本では、重国籍の場合、国籍の選択をしなければなりません。

22歳に達するまでにどちらかの国籍を選択しないと、日本国籍を失う可能性もあるそうです!

関根麻里さんの場合は、まだ生まれたばかりなので、まだ猶予はありますが、どちらを選択することになるのでしょうか???

 

したがって、関根勤さんのは、日本国籍ですが、は今後どちらかを選択しないといけない、ということになります。

どちらを選ぶのでしょうかね~。関根勤さんは、結婚にあたって関根姓を名乗ることを条件にしたというので、こだわりがあるでしょうから、日本国籍を選ぶのでしょうか・・・。

 

スポンサーリンク

 

復帰後初仕事はどんな仕事?

4月1日より「J-POP TODAY」での復帰となっていますが、これは、JAL国内線で楽しめるオーディオプログラム。ラジオですね。

チャンネルがあり、クラッシックや落語、日本の歌、子供の歌などを聞くことができます。

これまでも、関根麻里さんはプレゼンターをやっていました。

4月からのJALのオーディオプログラムには「J-POP TODAY」の文字はありませんが、「ポップ・ヒッツ・トゥデイ」がそれに当たるのでしょうか?

英語もペラペラな麻里さんのことですから、Jポップだろうが、洋楽だろうが、どちらも対応は問題なさそうです。

いずれにしても、子育てと体調と、両立しなければいけませんので、無理のない仕事から、ということですね。

 

まとめ

関根麻里さんの復帰、おめでたいことです。

関根勤さんも、4か月の赤ちゃんには、メロメロでしょうね。

国籍はどうあれ、娘は娘、孫は孫。

でも、将来、韓国籍を取得しつつ、日本で、芸能界入りを果たし、親子3代で共演、なんていうのも話題になりそうです。

Kも麻里さんも、バラエティ向きですし、娘さんも、面白いキャラクターになりそうです。

 

そして、麻里さんが、また、テレビで笑顔を見せてくれるのも楽しみですね。

 

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 - 芸能