ミッチャンのぶろぐ~。

ミッチャンが書けることを書きます。

佐々木蔵之介の実家の酒屋は弟が継いでいた!そしてその公式サイトが面白い!!

      2017/09/21

Pocket

俳優の佐々木蔵之介さん、渋いけど、意外と面白いので、人気ありますよね。

その佐々木蔵之介さんの実家が酒屋であることはすでに周知のことですが、

その実家の酒屋を実の弟が継いでいるのです。

そして、さらには、その公式サイトが、一見格式高いのですが、

読んでみるといたるところに、弟さんのセンスというか愛嬌がにじみ出ていて、

眺めているだけでも面白いのです!!

 

スポンサーリンク

佐々木酒造ってどこにあるの?

「佐々木酒造株式会社」の所在地は、

京都市上京区日暮通椹木町下ル北伊勢屋町727

にあります。

地図で見ると、

京都のど真ん中って感じですね。

 

そしてこんな感じの店構えです。

出典:http://kyotoaruku.seesaa.net/article/373078572.html

 

佐々木蔵乃介さんの弟さんってどんな人?

佐々木蔵乃介さんは、3人兄弟。

蔵乃介さんは次男。

末っ子の三男が、弟の

佐々木晃さん

です。

 

1970年4月1日生まれ。現在46歳。

 

佐々木晃さんは、産業機械販売会社に25歳まで働きました。しかし、建築士の道に行った長兄、神戸大学農学部での研究から酒造家の道を行くと思われた次男・蔵乃介(本名秀明)は、突然俳優になってしまいます。

「そのうち兄が諦めて戻ってくると思い、自分は留守番のつもりで家業に就きました」

と語っておりましたが、

「まあ、そんなことで、大学では中国文学科だった私が嫌々酒屋を継ぐことになったわけです。」(佐々木酒造公式サイト”ごあいさつ”より)

と、冗談交えて語っております。

スポンサーリンク

その後、父である佐々木勝也さんは、平成28年10月10日、83歳でお亡くなりになり、その後を、佐々木晃さんが継いで、4代目社長となるのです。

お父さんは、ついでくれると思っていた次男が俳優になり、「道を誤った」と肩を落としていたそうですが、その後は一緒にCMに出演するなど、理解を示されていたという事。

そして、二人のお兄さんに対しては、

「蔵を離れてもいつも気に掛けてくれる2人の兄とは一緒に蔵を守っていると感じています」

ということ。

お父さんの背中を見て育ってきた3人の息子たちは、やはり洛中で唯一の酒蔵「佐々木酒造」を愛しているのですね。

出典:http://1min-geinou.com/

佐々木酒造の公式サイトの面白いところ!!

  • 「会社概要」の従業員数は29名。ネコを含むのだそうです。
  • 社長のあいさつは普通の企業ではとても、堅ーい感じなのに、冒頭から兄弟の話に触れつつ、「・・・嫌々酒屋を継ぐことに・・・」という言い回しをサラッとしてしまってます。
  • お酒の瓶の写真が、商品紹介として載っているが、そのきれいなフォルムと色使いで、観ていて面白いです。
  • 「オンライン蔵見学」として、写真とコメントで、会社の外見から、店内、事務所、更にお酒ができるまでを面白おかしく解説しています。楽しいです。
  • 「よくあるご質問(FAQ)」に対する回答など、親しみやすく、とっても人柄を感じます。おそらく社長の晃氏が書いているのだと思われます。

公式サイトはこちら ⇒ http://jurakudai.com/

最後に・・・

なんだか、日本酒が好きになりそうです。飲んでないけど・・・。

お酒、特に日本酒は飲む機会があまりないのですが、”日本酒の味がわかる”っていうことにカッコよさを感じ、少々憧れを感じています。

日本人ですから、日本酒のおいしさを知りたいなあ、と思いつつ、学生の頃、安酒を一気させられて吐きまくった過去があり、それ以来、日本酒のにおいをかぐだけで気持ちが悪くなるという後遺症があります。ですが、その分、コンプレックスというか、日本酒に対しては特別な気持ちがあります。

「いつかおいしく飲んでみたい!」

佐々木酒造さんのサイトを見ていると、社長や従業員の、お酒への愛情が伝わってきます。

美味しいお酒を飲みながら、このサイトをつまみに飲むというのも、一つおいしく飲めそうな気がします。

 

 

スポンサーリンク

 - 俳優