ミッチャンのぶろぐ~。

ミッチャンが書けることを書きます。

大倉士門が彼女にしたいのはどんな子?人気の秘訣は飾らず前まし向きなところ!

   

Pocket

Twitterのフォロワーも、今や40万に届きそうな勢いの大倉士門さん(23)。

大学も卒業し、本格的にタレント、モデルとして活動を始め、テレビでもよく見かけるようになりました。

いつもニコニコとしていて元気ですよね。顔もかわいい感じで、モテるのもよくわかります。

さて、そんなモテモテの大倉士門さんが彼女にしたいタイプの女性はどんな人なのでしょうか?

そして、その人気の秘訣はどこにあるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

好きな女の子のタイプは?

2012年に公式ブログで、今が3人目の彼女で、まあぴぴ(松本愛)と言っていたのですが、現在は別れているようですね。

大倉士門さんが好きそうな女の子のタイプは、やっぱり可愛らしい感じの子が似合いそう。

大倉士門1出典:http://www.teena.ne.jp/

 

見た目のタイプとしては、

  • サラサラロングヘア―
  • ポニーテールにめちゃめちゃ弱い

これは、世の男性の7~8割は一緒でしょう。

そして、

  • 言葉遣いを含め、礼儀がちゃんとしている
  • 約束を破らない
  • 嘘をつかない
  • 隠し事をしない

基本ですね。これは共感できます。人としてどうか、ってところです。

さらに、

  • 自分のことを「好き好き好き!」って言ってくれる子
  • 家に帰った瞬間に「士門おかえりー」って走ってくる子
  • 携帯電話を触ってても「士門、かまってかまって」って言われてらキュン
  • でも、年下がいい。自分で全部仕切りたい
  • 会いたいときに会える人、いつでも電話できる人

うーん、チワワとか、ポメラニアンとか、小型犬みたいな子が良いのですかね?

 

一方、士門さん自身は、

  • とても惚れっぽい
  • 恋愛すると、めちゃくちゃ大事にしちゃう

忙しい今は、幸せにできないし、独りぼっちにさせてしまう。だから彼女をつくれない、

ということ。

 

そっかぁ、こういうところがいいのかなぁ・・・。

 

スポンサーリンク

 

人気の秘訣は?

本人は、自分が特別イケメンとか、スタイルがいいとか、ファッションのセンスがあるとか、ということはない、と言っています。

ただ、ファンの女の子にたいして、一切飾らず、全部”素”で接しているとの事。

それは、Twitterもブログも同様だそうです。

 

やはり、変にキャラを作ってしまうよりは、自分を開くことで、相手が受け入れやすくなる、ということもあるみたいですね。

1ジョハリの窓出典:http://tldsachi.at.webry.info/

これは「ジョハリの窓」と言いますが、つまり、上記の図のように、自分自身や他人が自分のことを知っているか、知らないか、で分類すると4つの窓があります。

この、「知っている」という範囲が小さければ小さいほど、コミュニケーションは成立しにくくなります。

逆に、縦横の「知らない」という領域を、少しでも減らして、「開放の窓」を広げていけるようにしていくと、コミュニケーションがしやすくなります。

知らない人とは、そんなに親密にはなれないですからね。

 

自分しか知らない自分のことを、他人に知ってもらえると、「秘密の窓」が小さくなります。

逆に自分が知らないことを、自分のことを知っている他人に、質問してみると、「盲点の窓」が小さくなります。

この、両方ができると、自分と相手の「未知の窓」が小さくなるわけです。

格段にお互いの理解度が上がります。

 

ちょっと脇にそれましたが、士門さんは、自分のことをブログなどで解放することで、基本的に相手に受け入れ易くなっているのだと思われます。

したがって、ファンのことの距離は短くなり、人気が確立し、広がっていくのだろうと思います。

いつも笑顔の印象ですしね。可愛い感じもあるし。

 

この笑顔も、理由があります。

毎日、プラス「0.1」でも、小さな積み重ねを続けて、成長できるように動き続けている、

という、彼の意識があります。

とっても前向きですね。

前向きだと、自然と笑顔も増えます。

ほんと、良いことですよね。

 

最後に・・・

最近は”かわいい”よりも”カッコいい”に、印象が変わってきたように思えます。

モデルも順調ですが、俳優としても、ドラマや映画で活躍してくれたらと思います。

こういう感じのゆる~いイケメンってあまりいないので、いいと思います。

りゅうちぇると山崎賢人の真ん中あたり、という感じでしょうか?

賛否両論あると思いますが、

いずれにせよ、より一層の活躍を期待しています!

 

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク

 - 芸能