ミッチャンのぶろぐ~。

ミッチャンが書けることを書きます。

「のん」やっぱり可愛い!劣化などしていないし、その才能は止められない!

      2016/09/11

Pocket

能年玲奈改め「のん」が、主演声優のアニメ映画『この世界の片隅に』(11月12日公開)の完成披露試写会で会見を開きましたね。

巷ではブログの画像で「劣化した!」と騒がれていますが、現在の画像をいろいろ見ても、やっぱり、可愛いですよ!

そして、ここしばらく事務所との問題で表には出られませんでしたし、「芸能界の掟を破った」としてテレビなども「のん」自体を使わずにスルーをするなど逆風のようですが、そんなものも力に変えて「のん」として一歩を踏み出しています。

『この世界の片隅に』の予告動画での「のん」の声に驚きの声も上がっていて話題にもなっていますね。

スポンサーリンク

なぜ、「のん」なのか?

%e3%81%ae%e3%82%93%ef%bc%91出典:http://lineblog.me/

どうやら、前の事務所(レプロ)が、「能年玲奈」での仕事を認めていないとか。

でも、「能年玲奈」は本名らしいので、使うなと言われてもね・・・。

それで、お金を稼ぐのは契約違反、ということなんでしょうね。

 

ちなみに、「のん」は友達から呼ばれていたあだ名だそうです。

そして、「non」って書くと、笑っているように見えるから、という理由もあるそうです。

いいですね、前向きで。

 

「のん」さんは、1993年7月13日生まれで、まだ、23歳!

 

まだまだこれからですよ。

しかも、この若さで、芸能界やマスコミからバッシングやら圧力やらなにやら辛い時期を超えてきているのだから、そうそう味わえない経験をしているわけですね。

創作意欲があふれ出そう!?

「のん」さんは、趣味・特技に、

「ギター、絵を描くこと、洋服作り」

って、ブログにあげています。

 

今は、個人事務所を立ち上げて、まだほとんど仕事がない状況のようですが、

本人は

「ワクワクしています!」

だそうです。

基本的に、創作意欲が有り余っていて、

『表現したい』

っていう気持ちが凄いみたいです。

 

その気持ちがあれば、今は映画やドラマ、テレビ出演などにこだわらなくても良い気がします。

だって、今はネットがあって、その気になれば好きなことができて、好きなことをみんなに表現できる。

スポンサーリンク

天然キャラのようですが、実は「のん」さん、天才肌なんだと思います。

女優としてみていても、キャラの立ち方がハンパない。

存在感というか、どうやっても「のん」があふれ出ます。

純粋に際立つ感じ。

これは、今だからこそのものだとは思います。

 

もし、ここ最近の事務所騒動がなければ、広瀬すずさんは、能年玲奈「のん」さんの後ろに隠れてしまっていたのではないか。

それくらいの存在感はあると思います。

 

アニメ映画『この世界の片隅に』の「のんの声」が話題!

まずはこちらを見てください。

 

この映画の主人公、北條すずを演じるのが、「のん」さんです。

そしてこの声が「凄い」と話題なのです。

それもあってか、視聴回数が91万を超えています!

 

聴くとわかるのですが、確かに「のん」のそれ、とわかる声ですが、

とても印象に残る、というか、

引っ張られる、というか、

妙に気になる、というか・・・。

 

これ、映画を一通り見たら、あの「ホタルの墓」の節子(思い出すだけでも胸が苦しい・・・)と同じくらいインパクトを残すことに、この「北条すず」は、なるのではないでしょうか?

  最後に・・・

事務所との軋轢があったとしても、イメージがダウンした、と言われても、

きっと、また注目される才能をもっているのが、「のん」さんだと思います。

今はまだまだ水面下でしょうが、

数年後には、違う才能を発揮しているかもしれませんし、

そこから、また女優で活躍しているかもしれません。

%e3%81%ae%e3%82%93%ef%bc%92出典:http://lineblog.me/

そして、まだまだ、めっちゃ可愛いではないですか!

活躍を願ってやみません!!

 

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

 - 女優, 芸能