ミッチャンのぶろぐ~。

ミッチャンが書けることを書きます。

森山直太郎は結婚できそうにない!?でも結婚ソングは素晴らしい!

      2017/01/22

Pocket

歌手の森山直太朗さん。既に40歳になったのですが、まだ結婚の話も出てきません。

近くに小木さんがいる、ということがまた一つのセットになっていますが、

環境的なものも含めて、森山直太朗さんは結婚に対してどう思っているのでしょうか?

ところでそんな彼のいわゆる結婚ソングが素晴らしいのです!

スポンサーリンク

なぜ結婚できない?

結婚に興味なし!?

2013年「おしかけスピリチュアル」という番組で、

スピリチュアル女子大生CHIE(ちえ)さんがスピリチュアル鑑定をします。

その際、森山直太朗さんには、守護霊に母方のおじいちゃんがついているといいます。

ジャズのトランぺッターだったそうですよ。

しかもサンフランシスコで生まれて日系2世だったそうです。

%e6%a3%ae%e5%b1%b1%e7%9b%b4%e5%a4%aa%e6%9c%97%ef%bc%91出典:http://news.livedoor.com/

おじいちゃんは音楽をやってほしかったそうですが、

もう一つ、結婚してほしいという想いも強いそうで、

それを聞いた直太朗さんは、

「その話ですか。ことさらそういう事(結婚)に興味がないんですよね。

とのこと。

共演の坂下千里子さんに「結婚に興味ないのですか?」と念を押されてますが、

「ええ。」と答えています。

お姉さんと小木さんの夫婦をみているだけで、「お腹いっぱい」になってしまうんだそうです。

 

いいなあ、結婚って、とはならないんですね。

このとき37歳です。

 

結婚する自信ない?

更に、2015年、直太朗さんのお母様の森山良子さんがインタビューに応えています。

良子さんは「早く結婚してほしい、とガンガン言っています。」

 

いろいろな人からお話をいただくようで、昨年、お見合い写真を見せたところ、

“いや、俺は自信がない”

とか

“結婚なんかできる人間じゃない”

とか言われちゃうそうで・・・。

 

「彼女はいるの?」ときいても

”いない”

と答えたとの事。

 

このように、森山直太朗さんは、なんだか”結婚”というものに、凄く冷めているというか、求めていないというか、そんな感じなようなのですね。

※ただ、これには、“母が望んでいるような結婚をできる人間ではないよ”という意味で言った、と森山直太朗さんは後に訂正しています。

最近、山小屋を買ったそうで、そこで、しばらくの間、何もせずに、

ほんとに何もせずに過ごしているとか。

特に彼女を連れて、ということではなさそうですしね。

 

なんか、自分を見つめなす、とか、そういう感じになっているのでしょうか?

スポンサーリンク

でも、結婚ソングがいい感じ!

森山直太朗さんが、TBSラジオ「バナナマンのバナナムーンGOLD」の構成作家オークラさんの結婚パーティーに参加した時の事。

設楽さんの話では、直太朗さんがトイレに行ったきり、ずいぶん長い間帰ってこなかった。

 

やっと戻ってきたと思ったら、実は、『運命の人』という曲を真面目に作っていたそうです。

そして、それをその場で生ギターで歌ってくれたそうなのです。

バナナマンのお二人も感動的だったらしく、設楽さんも泣いちゃってたそうです。


これ、結婚パーティで、生で目の前で歌われたらたまりませんよね。

一生の思い出になります。

 

結婚というものに、変に浮かれることなく、

何となくしみじみ捉えているように思える森山直太朗さんだからこその歌という感じがします。

 

最後に・・・

「さくら」が大ヒットしたのが2003年。

あれから、13年もたち、青年だと思っていた森山直太朗さんも40歳。

トークでは面白おかしく楽しませてくれますが、また、違う一面も持っていそうです。

これから”おじさん”と呼ばれる年代に入っていきますが、

また、どんな歌声を聞かせてくれるのか、どんな歌を作ってくれるのか楽しみですね。

 

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

スポンサーリンク

 - 芸能, 音楽