ミッチャンのぶろぐ~。

ミッチャンが書けることを書きます。

松岡茉優がドラマや映画でひっぱりだこ!その凄さとは?

   

Pocket

NHK大河ドラマ「真田丸」で、真田信繁の正室・春(竹林院)役を演じる松岡茉優さん。

映画は『ちはやふる』、ドラマではテレビ東京『その「おこだわり」、私にもくれよ!』、NHK『恋の三陸、列車コンで行こう!』でも出演しており、まさに、ひっぱりだこですね。

これまでも、ドラマや映画には、毎年コンスタントに出演されていて、CMやバラエティ番組でもよく見ますね。名前がとても売れたのは、連続テレビ小説『あまちゃん』に出演してから。

なぜこんなにも、多方面で声がかかるでしょうか?

プロフィールも含め、その魅力はどこにあるのか、見てみましょう!

スポンサーリンク

それでは、最初に、基本的なプロフィールから!

改めてプロフィール

松岡茉優出典:twitter.com/

【名前】松岡茉優(まつおかまゆ)

【生年月日】1995年(平成7年)2月16日 21歳

【出身】東京都

【身長】160cm

【血液型】B型

【趣味】散歩

【所属】ヒラタオフィス(その他所属タレント:宮崎あおい、多部未華子、工藤有貴、長谷川博己ほか)

 

まだ、21歳なのですね!!

それにしてはテレビで見る姿は堂々としています。

 

演技力がかなり評価されている!

もうすでにあちらこちらで言われていますが、その演技力がかなり評価されていますね。

一人だけ上手すぎて、浮いちゃってるの」と絶賛したのは、映画『桐島、部活やめるってよ。』を見た時の爆笑問題・太田のコメントです。

映画『桐島、部活やめるってよ』で当時まだ若手俳優だった神木隆之介さんや東出昌大さんを大抜擢した吉田大八監督の話の中で、松岡さんにオーディションでちょっとしゃべってもらった瞬間に、「どの役かわからないけど、絶対にこの映画に必要だ。と感じたそうです。そして”一種の天才”とも。

どの辺が”天才”なのかというと、何をしゃべっても自分のものにできる、というところだそうです。セリフを話す、というよりは、セリフを口にするときには、もう自分の中から言葉が出ていてリアリティが生まれるし、その場の生々しさをも出してしまう、ということでしょうか・・・。

松岡茉優2出典:http://www.oricon.co.jp/

また、映画「ストレイヤーズ・クロニクル」の瀬々監督も、「若い出演者が多い中で、ただ一人、円熟の芸域に達しているといってもよいのが松岡さんでした。」とおっしゃっています。ほかの人の演技を見て、それを生かしつつも、自分の最高の勝負ができるその演技力の高さがベテラン女優のようであったそうです。それと、”昭和顔”であることもホッとするし、「昭和的な情念を発する瞬間」も何度もあったそうです。

 

もう、ベタ褒めですね・・・。恐れ入りました・・・。

松岡さんは、ロッテ『爽』の新CMキャラクターになりましたが、その時の制作発表会で、「自分で自分に勝負を仕掛けることが多い。」と話します。例えば、「この電車に乗れなかったら、きょうの仕事うまくいかない」などように、ということだそうです。常に一瞬一瞬にかけている、と言えばよいでしょうか?そんな、積み重ねが、演技の一瞬の空気に反映されているかもしれません。

積み重ねといえば、松岡さんは、趣味がモノマネだそうで、どうしても人を観察してしまうそうです。そして、気になることはメモをするそうです。「(日本には)1億人の教科書があるのでストックはため放題です!」とおっしゃっています。面白ですね!やはり、そうした積み重ねがいろいろな人を自分のものとして演じ分けることができる秘訣なのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

バラエティ番組では?

「ENGEIグランドスラム」(フジテレビ)でナインティナインとMCを務めたとき、番組冒頭で、その日の衣装について「今日は吉田羊さんを意識してみました。」とポーズをとってまったく嫌味もなくサラッと話してみたり、岡村の下ネタに対してもサクッと乗ってぼけてみたりと、すごく柔軟で、出ている芸人さんと同じくらい、そのキレのあるコメントが面白かった記憶があります。

あるテレビ誌ライターが、「オサレもん」(フジテレビ系)でのシーンについてコメントしていて、

「リズム芸人のバンビーノが、松岡の頭をヘッドロックで押さえつけたんです。すると松岡がバンビーノに蹴りを入れて引き離し、ニラみつけながら『調子に乗るな!』と一喝。この時の目力はまさに、女優・松岡茉優のそれでした」

出典:ASAGEIplus  http://www.asagei.com/

とのこと。

確かに、バンビーノについては、ちょっと調子に乗っているような、出すぎ感のある言動が目につくことがあったので、このエピソードは凄いな、と思います。みんなが感じていることを一瞬で集約できる、その対応力がある人は、たとえばMCをやることの多い女子アナウンサーでもいないのではないでしょうか?

松岡茉優3出典:http://www.excite.co.jp/

バナナマンの設楽が、「あ、この子なんか好きだな!」と思ってしまった、と言ったり、日村も「超勘がいいよね」とコメントもしています。

また、明石家さんまからも、「凄い」といわれているくらいです。その瞬発力と場を読む感覚が抜群なのでしょうね!おぎやはぎからも「女優がダメになってもOKだね」とお墨付きももらっているのです。

いや~凄いですね~。見ていて気持ちが良い人なんでしょうね。

今後の活動

映画では、

2016年7月16日公開『ポケモン・ザ・ムービーXY&Z「ボルケニオンと機功(からくり)のマギアナ」』のキミア女王の吹替え

2016年4月29日公開『ちはやふる』(下の句)若宮詩暢役

ドラマでは、

2016年6月10日 NHKドラマ10『水族館ガール』主演 嶋由香役

以上が、予定されています。

忙しいですね!!

これからもどんどん露出していくことになりそうです。

まとめ

  • 何をしゃべっても自分のものにできる天才。
  • 21歳でありながら、円熟の芸域。
  • 勘の良さ、観察力、場を読む力がハンパない。
  • 映画監督も褒めまくり!
  • お笑い芸人からもべた褒めされている!

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

 - 芸能