ミッチャンのぶろぐ~。

ミッチャンが書けることを書きます。

マドンナがまたもや遅刻!払い戻しなどチケットの取り扱いはどうなっているの?

   

Pocket

菜歌手のマドンナが、3月16日に行われたオーストラリア・ブリスベンでの

『レベル・ハート・ツアー』コンサートで、2時間以上遅れて登場!

今年1月4日の台湾公演、2月13日のさいたまアリーナでの来日公演、

その他、香港、マカオでも、遅刻を繰り返しています。

今回のブリスベン公演では、

「スタートは22時半過ぎになります」

のアナウンスに観客からブーイングが起き、

チケット売り場に払い戻しを求め列ができたとのこと。

 

果たして、アーティストの開演遅れでチケットは

払い戻しは可能なのでしょうか?

2ff86a5c8d1a211a827e1d2c8220b873_s

スポンサーリンク

コンサートのきまりごと

「ウドー音楽事務所」「クリエイティブマン」「キョード―東京」など

チケットを取る際に目にしたことがあると思います。

コンサートの運営、管理、チケット販売、プロモーション活動などを行っている、

コンサートプロモーターと呼ばれる企業ですが、

それらが集まって、コンサート(オペラ、ミュージカル、バレエなども)の

健全な運営と、発展を目的とした、

「一般社団法人コンサートプロモーターズ協会」

という団体があります。

そこでは、「もっと公演を楽しんでいただくためのルール」として、

「ライブ・エンタテインメント約款」

を定めています。

 

そこでは、主催者の役割、事故の事前の防止、禁止事項など、

コンサートのあり方を明文化しています。

トラブルを未然に防ぐために、一律の決まり事を作ることで、

対応を一様にして、スムースに運営ができるようになっています。

 

チケットの取り扱いについてはどうなっているの?

参考「ライブ・エンタテインメント約款」一般社団法人コンサートプロモーターズ協会)

入場券(チケット)関係については、

第10条~第17条で定められています。

主な内容を要約して列挙すると、

  •  入場券を所持してないと、公演会場に入場できない。ただし、正当な理由が認められ、本人確認ができれば、可能性はある。
  •  入場券の販売に関するトラブルは、委託販売者と入場券購入者どうしで解決する。
  •  営利を目的として第3者に販売や譲渡、転売目的の購入はしないこと。
  •  非正規のルートで購入した入場券では、入場できない。
  •  正当な理由がなければ、盗難、紛失又は滅失等による再発行はしない。
  •  購入された入場券等は、主催者の都合による場合を除き、返品、キャンセル、取り替え、変更等は一切できない。

更に、公演の延期・中止についても、

  •  主催者は、公演を延期又は中止する場合、すぐに、その理由と、延期の場合の次回公演日時・場所の設定、払い戻しを希望するチケット購入者への払い戻し期間・場所を告知する。
  •  公演の延期又は中止の場合の払い戻し金額は、買った時の金額とする。
  •  払い戻しを受ける場合、旅費、通信費、その他入場券等の購入に際し支出した費用等を一切請求することはできない。

といった内容が書かれています。

日本における、コンサート等では、この約款にしたがうとすれば、

主催者による延期・中止の告知があれば、払い戻しされる、ということです。

それ以外のことについての払い戻しは規定されてませんが、

基本的には、延期(次回開催が予定されているもの)・中止以外は払い戻しは

ないと考えてよいでしょう。

 

因みに、第7条に、

「主催者は、公演の開演後において、天災や不可抗力の事由によって公演が続行不可能と判断した場合又は入場者や出演者の身体、財産等に被害が及ぶと判断した場合、公演を直ちに中止又は中断することができます。」

とあります。

スポンサーリンク

マドンナの開演時間の遅延はどう扱う?

実際、海外では、開演時間が遅れることは割とあるみたいです。

今回の日本公演やその他アジアツアーでも頻回にありましたが、

ただし、公演自体は行われています。

サービスの提供を受けているわけですね。

コンサート自体は素晴らしかったみたいですし・・・。

開演が遅れたことで、終電に間に合わない、というところまでは、

責任は負わないでしょう。

そして、開演前に、しびれを切らして帰ってしまっても、

自らサービスの提供をキャンセルした、ということになってしまう

のではないでしょうか。

 

なんだか、弱然としませんね・・・。

もし、開演時間遅延で、最後まで公演を見た上で、

終電に遅れ、翌日の仕事に多大な損害が

出てしまった場合、損害賠償を誰に請求するのか?

これを、マドンナに会社が請求するでしょうか?

今の日本社会の風潮では、

「遊んでいて終電に乗り遅れて、仕事ができなかった。」

という認識になってしまうでしょう。

言い訳にもなりそうにありません。

 

これを覆すには、訴訟を起こして、勝つしかない、

ということになるでしょうか。

 

まとめ

昔、といっても、1990年前後でしょうか、Guns N’ Rosesというバンドが、

2~3時間は平気で遅刻をしていました。

実際にはバンドではなく、ボーカルのアクセル・ローズですが。

ボーカル無しで演奏を始めたことも何度もあるようです。

また、あるロック・フェスティバルでは、遅行をしたら

罰金を科すことにしたそうです。

それでも、遅れて演奏し、時間を過ぎても続けたため、

主催者がアンプのジャックを抜いて強硬手段にでた、

というエピソードもあります。

実際ドタキャンをしたときに暴動が起き、

やはり、返金を求めて殺到したこともありました。

 

こういったことを含めてのロックであれば、

ある意味面白さはありますが、

中には、一生懸命お金を溜めてくる人もいるので、

そういったファンのためにも、心配させることなく、

話題作りかどうか、わかりませんが、

遅刻は、せめて5分10分程度にしていただきたいものです・・・。

 

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 - 音楽