ミッチャンのぶろぐ~。

ミッチャンが書けることを書きます。

小林麻央は入院していた!病状は?乳がんってどんな病気?

      2016/09/20

Pocket

本日、小林麻央さん(33)が乳がんで闘病中であると、夫の市川海老蔵さん(38)が記者会見で公表しました。

内容によれば、現在、闘病生活は1年8か月に至っているとの事で、少し前まではしばらく入院をしていたそうです。

現在は、落ち着きを見せており、通院ができるまでになったそうであり、それでも抗がん剤治療を続けているということ。

なんだか、心配ですね。

お姉さんの麻耶さんも先日、仕事を体調不良で仕事をキャンセルして休養に入ったばかりです。

小林麻央さんの病状はどれくらいのものなのでしょうか?

そして、乳がんとはどんな病気なのでしょうか?

スポンサーリンク

真央さんはどんな状況なの?

少し前まで入院をしていたそうです。

まったく、情報がありませんでしたね。

ここまで良く隠しまきれたものです。

小林麻央1出典:http://jisin.jp/

現在は、家からの通院ができるようになるまでになったそうです。

ですが、手術に向けて抗がん剤治療をしているということです。

「比較的に深刻である」という言葉を使っていますし、

Drからは、「なかなか大変なものではないか」と意見をもらったと会見では話していました。

これまで闘病生活は1年8か月、とおっしゃっていますが、これからも続くということですから、

早期発見という状況ではなかったのだろうと思われます。

局所(肺や、肝臓、骨など)へ転移していなければ良いのですが・・・。

⇒追記

9月20日、小林麻央さんが公式ブログで告知日のときの心境を告白しました。

先生の表情を見ても、覚悟はできており、冷静に聞けたそうです。

ただ、その時はまだ脇のリンパ節への転移だけだったそうですが、

カッコ書きで、

”(その後、現在肺や骨などに転移あり)”

と書いています。

お母さんも乳がんを患っていたので病の知識はある程度あったそうですので、

今の状態も、すでに受け止めているのでしょうか?

このことに言及することができるのは、ある程度の受け入れができているのではないでしょうか?

そうでなければ、不特定多数の人に伝えることなどできないでしょうから。

また姉の小林麻耶さんも体調不良で仕事をお休みしていますが、実はこのことも当然抱えていたのでしょう。

隠していること自体、本当に疲れると思います。

小林麻耶3

関連記事⇒小林麻耶はやっぱり可愛い!「バイキング」での体調不良に心配の声!実はみんな大好き!?

乳がんってどんな病気?

乳がんとは、どんな病気なのでしょうか?

乳房には、「脂肪」と母乳を作りだす「乳腺」組織があります。

その、乳腺にがんが発生したものです。

乳房:図出典:http://www.nyu-gan.jp/

乳がんの進行は、早いうちから乳腺組織から、リンパ線や血管を通って、ほかの臓器に転移をしていくようです。

肝臓、肺、骨などです。

例えば、肺に転移したものは、肺がんではなく、転移性乳がんと呼ぶそうです。

ステージは0期、Ⅰ期、Ⅱ期(Ⅱa、Ⅱb)、Ⅲ期(Ⅲa、Ⅲb、Ⅲc)、Ⅳ期、Ⅴ期の大きく5段階で表します。

スポンサーリンク

昔は、発生したガンは一度、30年前には、治療の多数(50%以上)を占める胸襟と乳房を取り除く手術が主流でした。

しかし最近は、切開する部位が徐々に小さくなって、乳房温存術が開始さています。

そうなってからは、薬物療法をまず行って、その後の経過によって手術をするというのが主流になって来ているとのこと。

以前は薬物療法は補助的なものでしたが、現在はその逆で積極的に薬物療法がとられ始めているそうです。

しかし、ステージⅠ期~Ⅲ期の乳がんの場合は必ず手術に必要になるとのこと。

遠隔転移(Ⅳ期)の場合も、手術が行われることがあります。

「手術に向けて、抗がん剤治療を」しているということですから、ステージ0期ではないですね。

最後に・・・

海老蔵さんも、麻央さんも、考えることは子供の将来でしょう。

だからこそ、病気に打ち勝たなくてはならない。そう考えているのではないでしょうか。

親としては当然ですよね

しかも、まだ4歳、5歳です。

何よりも守っていかなくてはならない存在。

しかしながら、「一番大事なのは麻央。」とはっきりと言った海老蔵さんは立派だと思います。

市川海老蔵1出典:http://news.livedoor.com/

お子さんたちも、その言葉を聞いて、そしてその父の姿を見て、

家族一つになることができるのでしょう。

きっと大丈夫。

「克服しました!」って言っている麻央さんを待ちたいです。

 

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 - アナウンサー, 芸能