ミッチャンのぶろぐ~。

ミッチャンが書けることを書きます。

平野ノラのすっぴんは年齢不詳!?メイク姿でバブル世代には大ウケ!!

   

Pocket

平野ノラさんって、ご存知ですか?特にバブル世代の、今50代前後(アラフィフ?)の方は注目です。

ワタナベエンターテインメントに所属する女性の芸人なのですが、芸ではバブル期のメイクばっちりで、「うわっ!」っと驚くメイク。しかしそのすっぴんは意外と・・・で、年齢不詳。

あのメイクを見たら、「素顔はどんな感じ?」と思わずにはいられない。

とにかくどんな芸をしているのか、ネタにしているバブルってどんなだったのか、見てみましょう!

スポンサーリンク

平野ノラを見てみよう!

%e5%b9%b3%e9%87%8e%e3%83%8e%e3%83%a9%ef%bc%91出典:twitter.com/hiranonora

とにかくこの顔です。

眉毛が・・・。

 

どんな芸風なのかというと、今や懐かしいし、ちょっと恥ずかしい(?)バブルの時代に流行った言葉、ファッション、人物、商品などをそのまんまネタにして笑わせます。

まず見てみましょう。

 

お客さん、20代かな?

反応が薄いのは、わからないからでしょうか?

ワンレン・ボディコン、出始めたドデカい初期の携帯電話、肩パットに太い眉毛・・・。実際にいたと思います、こういう人。

吉田栄作、ランディ・バース、土地ころがし、光GENJI、RIKACO・・・(笑)

では、こんな人がいた時代っていつだったのか?

 

バブル時代ってどんな時代?

「バブル」って、日本語で「泡」ですよね。

”泡”のような時代って・・・。

 

1986年頃~1990年中頃までの間、

とにかく、やけに土地の値段や株価が上がり続けました。

本来の価値からかけ離れた値だんがつき、それらを保有する企業の資産価値も上がりました。

(経済にそれほど詳しくないので、多少解釈が間違っているかもしれませんので、正確に知りたい人はググってみてね)

実際はそんなに価値はないのに、見かけだけは価値があるようにみえた。

この背景には公定歩合の引き下げや、低金利政策がありました。

 

企業がお金を銀行から借りやすくなったので、バンバン借りたし、バンバン貸しました。

借りたお金で、この先も上がり続けるだろうと思いこんだ企業は、普通は買わない値段の土地も、後で高く売れるからと買ってしまうのです。同じように株もそうでした。株は企業だけでなく個人も信じて買っていました。

そうすると、買われれば買われるほど、土地も株も、価値が上がって値段も上がります。それを売ります。儲かります。さらに儲けようと、また買います。値段が上がります。そして売ります。土地ころがしって、買っては売って、また買っては売って、という風にして土地の値段を釣り上げていくのです。

日本中が繰り返し、ますます値段が上がっていきます。

本来一個100円程度のの林檎が、「この林檎は5000円の価値がある。そして、そのうちに10000円になる。だから今無理してでも5000円で買っておけば儲かるぞ。」ということで、幻想を買うのですね。

 

本当に景気が良く金周りが良かった時代で、就職はどこも人不足で、大手企業にも誰でも入れたといえるほど。

新人でも、毎日のようにギロッポン(六本木)やザギン(銀座)に食事や飲みに行って、帰りにはタクシー代を必要以上に何万ももらって帰れたと、実際に聞いたことがあります。本当に「ベンツを買ってあげるよ」と、飲みに行った店で口説かれた、とも実際に聞きました。

それはもう、キラキラの腕時計、高級スポーツカー、高級ブランド、高額ゴルフ会員権などなど、もうお金に糸目をつけないギンギラギンの時代だったのです。

 

しかし、膨らみ過ぎた”泡”はいずれはじけます。

政府は、土地の値段を抑えるため制限をかけ、ぐるぐると大量に回っているお金の量を抑えました。

すると、銀行からお金を借りる人も減り、土地も株も買う人も減り、すると値段が下がる。

下がって損をするのが嫌なので、少ない損に抑えようと売る。

これを、急激に日本中で行ったらどうなるか。

日本中の土地と株の値段が急激に下がります。すると、企業が持っている資産の価値も下がります。

これが「バブル崩壊」です。

銀行は、後で返してもらえると考えて、大量にお金を貸していた。

でも、一気に値が下がった土地を売っても、当初よりも安くしか売れません。高く買う人はいないのです。

つまり、値上がった土地を買うために高額で借りていたお金を返せなくなってしまったのです。

銀行はお金を回収できず、その代わりに取り上げた土地もどんどん値が下がる。

借金まみれの日本になってしまったのです。

 

10000円になると信じて5000円の借金をして買った林檎が、目の前でどんどん値段が下がっていく。

ヤバイと思って売ったけど、たった500円。4500円も損をしてしまった。

この林檎で勘弁して、と借りた友人に林檎を譲ったが、その友人がその林檎を売っても500円。貸した5000円には4500円も足りない。

見事、二人とも大損も大損。4500円は泡のように消えてしまいました。

 

スポンサーリンク

 

バブル時代に流行ったもの

「ぶっとび~」・・・宮澤りえが、とんねるずの番組で良く言っていた。びっくりしたときに使う。

「げろげろ」・・・今でいう、「マジでっ!」

「アッシー」・・・行きたいところに車で送迎してくれるだけの男友達

「トレンディ―」・・・流行りのこと。⇒トレンディ―ドラマ:石田純一や浅野温子、浅野ゆう子、陣内孝則などが出ていたドラマ。

「プッツン」・・・あいつ、頭がプッツンしてる!って感じで使う。ちょっと危ない感じ。

「朝シャン」・・・朝、シャンプーをすること。これがイケてる感じだった。

 

「吉田栄作」

%e5%90%89%e7%94%b0%e6%a0%84%e4%bd%9c%ef%bc%91出典:http://topicks.jp/

この髪型が流行りました。

ナインティナイン・やべっちは未だにやってますね。

 

「ジュリアナ」「お立ち台」

%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%8a%e3%81%8a%e7%ab%8b%e3%81%a1%e5%8f%b0出典:http://style.nikkei.com/

ワンレン、ボディコン。手前の女性のメイク・・・。

 

「肩パッド」

%e8%82%a9%e3%83%91%e3%83%83%e3%83%89出典:http://jatkamakura.blog60.fc2.com/

肩がとがってます。

 

「プロデューサー巻き」

%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%87%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%83%bc%e5%b7%bb%e3%81%8d出典:http://matome.naver.jp/

石田純一さんとか。(上の写真は芸人さんです。)

%e5%b0%8f%e7%9f%b3%e7%94%b0%e7%b4%94%e4%b8%80出典:http://matome.naver.jp/

これはオマケ。小石田純一。

 

「ランディ・バース」

%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b9出典:https://middle-edge.jp/

 

「クロマティ」

%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%9e%e3%83%86%e3%82%a3出典:https://middle-edge.jp/

 

まだまだ、バブル時代を代表するものは沢山あります!

 

もう一度、平野ノラを見てみよう!

ここまで、バブル時代についてみてきましたが、ここでもう一度、平野ノラさんを見てみましょう。

 

何となくわかっていただけましたでしょうか?

まだまだ、「ねるとんパーティ」とか、「舘ひろし」とか、「荻野目ちゃん」とか、「ウーパールーパー」とか沢山バブルを代表するものが出てきます。面白いですね~。

 

平野ノラのすっぴんは??

ようやく本題、平野ノラのすっぴんです。

%e5%b9%b3%e9%87%8e%e3%83%8e%e3%83%a9%ef%bc%92出典:http://n-jinny.com/

%e5%b9%b3%e9%87%8e%e3%83%8e%e3%83%a9%ef%bc%93出典:http://matome.naver.jp/

パーツ、パーツがはっきりしていて、結構きれいな顔してますよね。

パッと見るといい女って感じです。

年齢はいくつに見えますか?

1978年10月20日生まれの、37歳!

年齢不詳です!

 

お笑いのオーディションを受けたけれども全く受けず、才能がないと、しばらくOLとして働いていましたが、しかし、やはりお笑いを諦められず、ワタナベコメディスクールに2010年に入学。そして、入学中にデビューをします。

 

最後に・・・

最近、少しずつ露出が増えてきている平野ノラさん。

一気にブレイクする日も近いのではないでしょうか?

もしかしたら、本当にまた、バブルブームが来るかもしれません!

目が離せませんね!

 

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

スポンサーリンク

 - お笑い, 芸能