ミッチャンのぶろぐ~。

ミッチャンが書けることを書きます。

伊達公子のパン屋の名称は「フラウクルム(クルム夫人)」!離婚してもそのまま??

   

Pocket

プロ女子テニスプレイヤーの伊達公子さんが、夫であるドイツ人レーシングドライバー・ミヒャエル=クルムさんと9月26日に離婚をしました。

最近、こだわりのカフェ「FRAU KRUMM」をオープンさせたばかり。このカフェはパン屋さんでもあり、ドイツにこだわった、伊達さんの夢のカフェだそうです。

でも、そのカフェの名称は、日本語に直すと・・・いいんですか?

と、問いかけたくなるのです。

 

スポンサーリンク

伊達公子さんがオープンしたカフェ「FRAU KRUMM」

「私にはいつの日かカフェをやりたいという想いがありました。そして大好きなドイツパンとコーヒーを提供できる空間」(公式ブログより)という夢を実現しました。

fraukrumm出典:https://www.instagram.com/fraukrumm/

オシャレですね~。

ご主人がドイツ人だったこともあり、ドイツのパンと、コーヒーに感銘を受けていたようです。

しかも、”FRAU”は、日本語で”夫人”、

”KRUMM”はもちろん、”クルム”です。

問うことで、パン屋さんの名前は、「クルム夫人」。

クルム伊達さん自身のことですよね・・・。

でも、離婚をしてしまったら、ただの「伊達公子」さんになってしまうのですが、

どうするのでしょうかね~???

8月4日にオープンしたばかりですしね・・・。

 

 

ドイツのパン

ドイツのパンというと、

プレッツェル、プンパニッケル、クノーテン、アインバック・・・等々あるそうですが、

私は、プレッツェルしかわかりません(悲)。

しかも、「プレッツェルって、パンだったの?」っていう感覚ですし。

【プンパニッケル】600pumpernickel01http://curebread.com/

【クノーテン】
%e3%82%af%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%86%e3%83%b3出典:http://plaza.rakuten.co.jp/

【アインバック】
%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%af出典:http://taiyou820.exblog.jp/

※上記のパンの画像は「FRAU KRUMM」とは関係ありません。

 

見ていると、食べたくなってきました!!

特徴としては、ライ麦とサワー種(酸味が出る)が入っていることだそうです。

小麦粉とライ麦の割合で、パンの種類(名称)が違っているそうですよ。

こだわりがある証拠ですね。

いくつご存知でしたか?

 

ドイツのコーヒー

ドイツ人のコーヒー好きは、職場にマイコーヒーメーカーを持ち込むほどだそうで、濃い味の、しかも自分なりのコーヒーを飲みたいということから、ペーパードリップ式のフィルターを開発したのもドイツ人だそうです。

なんでも、「アメリカンは茶色に染めたお湯」と言った方もいらっしゃるとか。

私個人としては、アメリカンが好きなんですけどね・・・。

きっと、ドイツの濃いコーヒーは、ドイツのどっしりとしたパンに合うのでしょう!

 

「FRAU KRUMM」ってどこにあるの?

所在地: 東京都渋谷区恵比寿1-16-20

TEL:03-6721-6822

定休日:日曜日

 

ドイツにこだわっての専門店はなかなかないと思いますので、近くに行かれた時は、是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

伊達公子ってどんな人?

凄いんです!

1994年に、女子プロテニスの中で世界ランク4位。つまり、世界で4番目に強い人にもなっています!

いろんな大きな国際大会でも、グラフ、ノボトナ、サバティーニなど、当時、超有名選手(しかもランキングトップ3)と、対戦し、勝利もしています。

これくらいのレベルの選手と対戦できるというのは、勝ち上がってこなければ対戦できないのですから、要するに伊達公子さんは、プロの中のプロなんですね。

%e4%bc%8a%e9%81%94%e5%85%ac%e5%ad%90%ef%bc%91出典:http://yuukichiblogzatugaku.sblo.jp/

出身は京都府京都市。

1970年9月28日生まれ。現在45歳。

身長は163cm。

1989年にプロデビュー、1994年には日本人女子テニスプレイヤーとして初の世界トップ10に入ります。

翌年1995年にランキング4位。

しかし、そのさらに翌年1996年に現役を引退します。

当時、飛ぶ鳥を落とす勢いだった、まだ16歳のマルティナ・ヒンギスに敗れています。

このころ20代だった伊達公子さんは、テニスが大嫌いになっていたそうです。

あちこちにツアーに出かけ、連戦に次ぐ連戦。疲れがたまれば、いくら大好きなテニスでも嫌になってしまうこともあるでしょう。

その11年後、2008年、電撃復帰を遂げます。

このとき37歳。一度テニスを辞め、ストレスから解放された中で、少しずつテニスに対する気持ちも変化していきます。

あの、ナブラチロワ、グラフとのエキシビションマッチ参加の声がかかったことをきっかけに、練習をこなす中で、またテニスのことがまた好きになったそうです。『やっぱり私はテニスのことが好きだったんだ』と気づくまでに11年かかった、と言っています。

そして復帰後、出場した大会で準優勝をしてしまいます。

これは、怪物だと思いましたね。

今は、もう、楽しんでテニスをしている。

だからこそ、本当の強さを身に着けているのだと思います。

 

夫だったミヒャエル・クルムって?

%e3%83%9f%e3%83%8f%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%a0%ef%bc%91出典:http://techniq-group.co.jp/

おお、カッコいい!

ミハエル・クルムさんは、ドイツ人のレーシングドライバー。

1970年3月19日生まれ、現在45歳。

身長は183cm。

伊達公子さんと同い年なんですね!

 

2001年に伊達公子さんと結婚します。

%e4%bc%8a%e9%81%94%e5%85%ac%e5%ad%90%e3%80%80%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%a0%e3%80%80出典:http://www.nakayama-m.com/

 

お二人は2000年に、フランスのル・マン24時間耐久レースにクルムさんが出場したとき、そのテレビ局のレポーターを務めていました(もう引退をした後)。そのあたりがきっかけのようです。

 

しかし、2016年9月26日に、離婚をブログで公表。

お互いが、世界を飛び回っており、それぞれの生き方に違いが出てきた、ということ。

勝負の世界に生きていると、自分の生き方にはシビアになりますよね。

 

 

最後に・・・

このまま、パン屋さん「クルム夫人」は続けるのでしょうか?

しかし、そもそもパン自体がドイツのもの、ということだし、

どちらかが不倫をしたわけでもないし、

それぞれのキャリア、人生を踏まえて別の道を歩む、ということですから、

パン屋の屋号としても、嫌なものであるはずがないですね。

これまでの結果として、このカフェ「FRAU KRUMM」がある。

過去を否定すれば、”今ここ”をも否定することと同じ。

できるなら、このままでいってほしいな、と思います。

 

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 - スポーツ