ミッチャンのぶろぐ~。

ミッチャンが書けることを書きます。

有村架純2016出演の映画は?ドラマ「いつ恋」低視聴率でも大丈夫!

      2016/06/30

Pocket

女優の有村架純さんが出演したフジテレビ”月9”ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」の最終回視聴率が9.7%と史上最低と報じられました。

今回のドラマでは「暗い」とか、介護関係団体からのクレームなど、印象があまりよくない話が出てきました。最終回も月9で過去最低の視聴率となり、今後の有村さんの活動に影響があるのではないかと心配の声を上がっています。

 

有村架純さんといえば、今やCMやドラマ、映画など、今やトップ若手女優の一人として活躍されています。注目度も高い分、影響もあるかもしれません。

が、今後の活動を見ると、2016年は、有村さん出演映画上映ラッシュです!おそらく、プロモーションなどで見ない日はない1年になるのではないでしょうか?

 

それでは、どんな映画に出演されるのでしょうか?見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

あらためてプロフィール

matome_20160219135705_56c6a0a176f6c.png出典:Twitter.com

名前:有村架純(ありむらかすみ)

生年月日:1993年(平成5年)2月13日 23歳

身長:160cm

出身地:兵庫県

血液型:B型

趣味/特技:お散歩、料理

事務所:Flamme(フラーム)
(その他所属タレント:広末涼子、小雪、戸田恵梨香、吉瀬美智子、山口紗弥加など)

 

2009年、高校在学中に、FLaMmeのオーディションを受けて合格。2010年に『ハガネの女』(主演:吉瀬美智子)に初ドラマ出演。

2014年、映画『ストロボ・エッジ』出演。2015年、映画『ビリギャル』出演。金髪にする。

2016年、フジテレビ”月9”ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』でテレビ連続ドラマ初主演。

 

⇒関連記事:有村架純の姉・新井ゆうこはやっぱり似てる!この可愛さはじわじわくるぞ!

 

どんな映画に出演するの?役柄や共演など

それでは、有村さんが2016年に出演する映画を見ていきましょう。

『僕だけがいない街』

【公開】2016年3月19日

【役柄】主人公の藤沼悟に好意を抱く愛梨役。何者かに命を狙われる。

【共演】藤原竜也、及川光博、石田ゆり子、杉本哲太、鈴木梨央、中川翼、林遣都、福士誠治、森カンナ

【内容】原作は「このマンガがすごい!」3年連続ノミネート作品。主人公の藤沼悟は”リバイバル”という、時間が何度も巻き戻る現象を繰り返し体験し、現在と少年時代を行き来しながら、殺された母親と、少年時代の連続誘拐殺人事件に迫る。ストーリーのラストは映画オリジナル。

【本人コメント】「信じる力を大切に、愛梨を大切に、演じることを意識しました。」(「僕だけがいない街」公式サイトより)

 

〈ひとこと〉ミステリアスな、雛月加代を演じるのかなと思ったら、原作ではめちゃめちゃ元気な愛梨なんですね。有村さんのイメージからは意外です。

 

『アイアムアヒーロー』

【公開】2016年4月23日

【役柄】比呂美。女子高生。鈴木英雄(大泉洋)とともに行動をする。

【共演】大泉洋、長澤まさみ、吉沢悠、岡田義徳、片瀬那奈、片桐仁、マキタスポーツ、塚地武雄、徳井優

【内 容】原作は累計600万部の人気コミック。原因不明の感染によって理性を失い、人を襲う謎の『ZQN(ぞきゅん)』で日本は感染パニックに。主人公の鈴木英雄(大泉洋)は出会った比呂美(有村架純)、元看護師藪(長澤まさみ)と生き残りをかけたサバイバルが始まる。

【本人コメント】「タクシー事故のシーンはアトラクションに乗っているみたいだったんですけど、頭とれちゃうんじゃないのかなと思うぐらい激しすぎて…。ホントはいけないんですけど、楽しくなってきちゃって大泉さんと笑っちゃいました」(モデルプレスより)

 

〈ひとこと〉ゾンビ映画的ですね。大泉洋さんとの演技はどんなコンビになるのでしょうか。長澤まさみさんとの絡みも見ものですね。

 

スポンサーリンク

 

『夏美のホタル』

【公開】2016年6月11日

【役柄】夏美。写真家を目指す。

【共演】工藤阿須加、淵上泰史、村上虹郎、中村優子、小林薫、光石研、吉行和子

【内 容】写真家を目指す夏美は、かつて父と一緒に見たホタルを探しに森にやってくる。そこで出会う老親子から、自然の中での暮らしを教わりながら、交流を通して、人を思うことを学び、成長していく。

【本人コメント】「とても静かな作品です。でもじっくりと親と子の絆や、人と人は必ず繋がって生きているということに改めて気づかせてくれる作品です。それに気づかせてくれるのはやっぱり人で、人を変えられるのは人でしかないのかもしれないと感じました」(映画ナタリーより)

 

〈ひとこと〉しっとりとした内容の作品っぽいですね。大人の女性として新たな有村さんの一面がみられるのではないでしょうか。

 

『何者』

【公開】2016年10月15日

【役柄】瑞月。実直な性格。拓斗が想いを寄せる。

【共演】佐藤健、菅田将暉、二階堂ふみ、岡田将生、山田孝之

【内 容】就活の情報交換のため集まった拓斗(佐藤健)、光太郎(菅田将暉)、瑞月(有村架純)、理香(二階堂ふみ)、隆良(岡田将生)。様々なツールを駆使して就職活動を戦う5人。やがて、お互いのやり方やスタンスに嫌悪感を覚え始め、一人の内定者が現れたとき、妬みや本音があらわになっていく。

【本人コメント】「周りの友達はこのような経験を経て社会に出るのだと改めて感じるとともに、自分自身がどうあるべきか考えさせられました。」(『何者』公式サイトより)

 

〈ひとこと〉同じ年代のなかで、おっとりとした有村さんはどんな存在感を見せてくれるのでしょうか。菅田将暉さんと、二階堂ふみさんも共演するのですね。うーん、楽しみです。

 

まとめ

今年は、まだ、ドラマの予定は入っていないようですが、2016年は4つも出演映画(うち一つは主演)が公開されます!

パニックあり、サスペンスあり、大人な雰囲気の映画、同世代の映画、などジャンルもさまざま。

こんなに出演映画が1年で公開される女優さんっていますでしょうか?

まだまだ、これから活躍ですね、有村さん。

しかし、ここ2~3年の活躍は素晴らしいですよね!

連続初主演のドラマはいまいちだったかもしれませんが、既に『SK-Ⅱ』のCMは流れているとおり、需要はこれからも続くでしょう。

これらの映画が成功すれば、更に有村さんの女優としての存在が大きくなり、また、その魅力も磨かれていくでしょう。

もちろんドラマにも出演して、是非、リベンジをしてもらいたいと思います。

視聴率などに左右されず、その演技と魅力を発揮していってくれることを期待したいですね!

 

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 - 映画, 芸能