ミッチャンのぶろぐ~。

ミッチャンが書けることを書きます。

相武紗季の彼氏・会社社長が旦那になった!!どんな夫婦になる?

      2016/05/05

Pocket

女優の相武紗季さん(30)が、5月3日にかねてから噂のあった、会社社長Kさん(36)と入籍されました。

昨年から、結婚秒読みか?!とあちこちで言われていましたね。

昨年末にプロポーズされたそうです。

相武紗季さんから関係者に宛てたFAXには、

「不器用な私を忍耐強く愛をもって見守ってくれる彼と温かく、笑顔いっぱいな家庭を築いていきたいと思います。」

とも書かれていたそうです。

ご主人については、一般人であるということで素性は公表されていませんが、ネットでは既に確定されてしまっていますね。

いったいどんな夫婦になるのでしょうね?また、どんな家庭になるのでしょうね??

余計なお世話ですが考えてみましょう!

 

スポンサーリンク

ご主人はどんな人?

情報によれば、スカイグループ株式会社の代表取締役・小宮生也(こみやせいや)さん、ということです。

相武紗季1
六本木のマンションにお住いということですから、それなりの年収がなければ住めませんね。

この小宮さんについての情報はこれくらいしか出ていないので、どんな感じの人なのかはちょっとわかりません・・・。

 

相武紗季さんは、2014年11月のインタビューでは、「どんな方でもいい。おだやかに過ごせる方がいい」と答えています。

また、入籍の発表で、”不器用な私を忍耐強く愛をもって見守ってくれる彼”とあります。

きっと、相武さんが一緒にいて、穏やかに過ごせることができて、我慢強い、そして、懐の深い人なのではないでしょうか?

 

相武紗季さんってどんな妻になりそう?

ネットで見ると、「性格悪い」というような記事が結構ありますが、どうなんでしょうか?

あちこちから、相武さんの性格や人柄などに関連することを、集めて列挙すると・・・、

  • 人見知りであること
    これは、ご本人が語っていたそうです。
    ドラマ『ブザービート』での悪女役について、「“自分の強い部分をさらけ出しちゃっていいんだ!?お芝居ってなんて楽しいんだろう!”と思いました」
  • 物おじしない
    気持ちの良いソファがあれば、4、5分で寝てしまうとのこと。
  • 不器用?
    これは手先ということではなく、上記にもあるように、自分の気持ちを伝えるのが下手だったり、誤解されたりしてしまう言動がある、というような不器用さ、ということでしょう。
  • がさつ?
    インタビューで、「本当、がさつなんでしょうね。自分の繊細さを掘り起こすのに時間がかかるんです。」(スポニチANNEX 2015.11.3)
  • 割とさっぱりしている
    学生のころ「何回か告白して何回も振られました」とあっけらかんと答えた。
  • どちらかというと、男っぽい性格?
    恋愛ドラマには共感できなかったそうです。
    「子供のころからサスペンスと時代劇が好きだった。市原悦子、藤田まことさんのドラマがすぐに頭に浮かぶ。芝居はファンタジー。ワクワクしながら見ていた。」
    母と姉が宝塚だが、本人はまったく関心が芽生えなかった。
    ボン・ジョヴィに憧れてバンド活動
  • おっとりしてマイペース?
    結婚前は、「そんなに焦ってない。どちらかというとボーッとしているタイプ」
    吹石一恵、福山雅治と結婚したことにも触れ、友人に触発されて結婚は?と聞かれると「影響されて決めることじゃないと思うので。でもいつかは幸せになりたい」と明かしたとのこと(スポニチ)
    ドラマ『エンジェル・ハート』感謝イベントで、「後半ちょこちょこしか現れていない」ため、現場では「アウェイ感がある。でも、がんばらなきゃって(笑)」と本音をポロリ。(モデルプレス)

こんな感じです。

まとめてみると、

人見知りで、本当の気持ちを出すことは苦手。物おじせず、マイペース。さっぱりとしていて、どちらかというと男っぽい。がさつなところもある。

相武紗季2出典:http://www.oricon.co.jp/

ちょっと、これでは、なんだか女性としてはどうか・・・と思ってしまう感じになってしまいました。私のまとめ方が下手なのでしょうか・・・。

ただ、私の印象としては、明るくて、さっぱりした性格なのだろうな、というのは伝わってきます。そして、ほがらかさもある感じもします。

なので、あまり、巷で言われているように、いろんな女優と不仲であったり、性格が悪い、ということもないのではないでしょうか?

もしそうであったら、いまごろ干されていると思います。

 

スポンサーリンク

 

で、どんな妻になるかな~ということですが、

母親が、華々しい宝塚で活躍し、姉も同様であるということから、特殊な環境で育ったわけですね。

※母:宝塚歌劇団62期生・星組娘役 朱穂芽美(1976年入団、1982年退団)
姉:宝塚歌劇団87期生・星組娘役 音花ゆり(2001年入団、2015年退団)

それで、相武紗季さんは、なんでも一枚上手の姉とはまったく違う性格だし、コンプレックスも抱えていたそうです。

 

しかし、お母さんには「どうでもよい事を相談する」こともあったようで、テレビの番組で母親から暴露されています。

家族とのコミュニケーションは良好のようです。相武紗季さんが、お姉さんとは違って、簡単に甘えるようなことを言えない、という内容のことを母親に話したら、「すべてわかっている」と返答があったとのこと。

要するに、まとめると、次女である相武紗季さんは、よくできるお姉さんにコンプレックスがあり、また、姉のように母親には甘えられなかた。だから、本当は甘えたいけど、どうでもよい相談事をすることでごまかしてしまっていた。ただ、そんな娘のことは、母親は良くわかっていた。

そんな、母親を見て育っている相武紗季さんは、

マイペースで、ほがらかで、甘えベタ。でも、ちゃんと見ているところは見ている。

そんな奥さんになるのではないでしょうか?

これ、めちゃめちゃ可愛い奥さんではないですか!こんな奥さんとなら結婚したい!

 

それに、ご主人も、愛をもってゆっくりと見守ってくださるわけですから、まったりとした雰囲気のある夫婦ということになるでしょうか?

 

最後に・・・。

まあ、ちょっと無理のあるまとめ方だったかもしれませんが、相武紗季さんは良い奥さんになる気がします。

女優としての楽しさも最近実感されているようですし、個性的な女優さんになってきています。

ご主人も、これからどんどん会社を大きくしていく途中でしょうから、まだまだ忙しくなりますね。

 

お子さんはいつになるのかな~、と思いますが、お二人とも忙しいので、もう少し先ですかね。

でも、相武紗季さんも30歳を過ぎましたし、あまり遅くはなりたくないでしょうから、あと、2~3年の間には、おめでた報道があるのではないでしょうか?

 

いずれにしても、”温かく、笑顔いっぱいな家庭を築いて”ほしいなと思います!

おめでとうございます!!

 

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク

 - 芸能