ミッチャンのぶろぐ~。

ミッチャンが書けることを書きます。

相棒、最終回視聴率は15.8%!歴代の最終回と比べてどうなの?

   

Pocket

昨日放送されたテレビ朝日「相棒seazon14」最終回の平均視聴率が15.8%(ビデオリサーチ調べ・

関東地区)を記録し、民法ドラマでは1位を獲得したということです。

今回の「相棒14」は、水谷豊さん演じる特命係係長・杉下右京とコンビを組むのは、

反町隆史さんということで、注目を集めました。

E79BB8E6A392

スポンサーリンク

 

相棒14の評価はどうだったか?

視聴率が初回18.4%で好調な滑り出し。

その後、13~15%あたりを推移し、視聴率低迷(これで低迷といわれてしまう、

相棒の人気は凄い)は反町隆史さんの演技力に原因か、と一時話題にもなりましたが、

杉下と同じくらい策士ぶりを発揮し、対等に渡り合うくらいの存在感を出す冠城を、

”らしい形”で演じている反町さんには、高評価の声も上がっていました。

 

ドラマ評論家の成馬零一さんは、

「新相棒のどちら(杉下、冠城)も攻めのタイプで抑止力がないから、ストーリーが読めない。」

「誰も越えられない強い存在になってしまった右京に対抗する強いキャラ」

「これまでの『相棒』を壊すという意味では、今のところうまくいっている。」

(参考:NEWSポストセブン)

と、評価していました。

また、評価のわかれるところでは、脚本家によって、冠城のキャラ設定がぶれることで、

観ていて違和感を感じる人もいる。

それが、キャストが変わった点と相まって、反町さんが矢面に立ってしまった、

という見方もあります。

 

まあ、普通に見ている分には、普通に面白いですけどね。

ただ、前評判としては、「え~、反町~、合わないよ~」なんていう声も、

私の周りでは言われてましたね・・・。

どちらかというとキャラの濃い反町隆史さんだからこそ、

人によって好き嫌いがわかれるところだと思います。

 

それでは、各シリーズの最後の見せどころとなる最終回は、

それぞれどうだったのでしょうか?

興味ありますね。

次にまとめてみます。

 

スポンサーリンク

 

相棒、各シリーズの最終回視聴率のまとめ

最終回視聴率のまとめ

【season1】 最終回:13.3%  平均視聴率:13.1%  右京の相棒役:寺脇康文

【season2】 最終回:16.1%  平均視聴率:12.7%  右京の相棒役:寺脇康文

【season3】   最終回:14.1%  平均視聴率:13.2%  右京の相棒役:寺脇康文

【season4】 最終回:16.5%  平均視聴率:14.7%  右京の相棒役:寺脇康文

【season5】 最終回:18.6%  平均視聴率:16.1%  右京の相棒役:寺脇康文

【season6】 最終回:17.8%  平均視聴率:15.9%  右京の相棒役:寺脇康文

【season7】 最終回:19.5%  平均視聴率:18.1%  右京の相棒役:寺脇康文

【season8】 最終回:20.4%  平均視聴率:17.7%  右京の相棒役:及川光博

【season9】 最終回:20.0%  平均視聴率:20.4%  右京の相棒役:及川光博

【season10】 最終回:20.5%  平均視聴率:16.6%  右京の相棒役:及川光博

【season11】 最終回:20.7%  平均視聴率:18.3%  右京の相棒役:成宮寛貴

【season12】 最終回:19.6%  平均視聴率:17.4%  右京の相棒役:成宮寛貴

【season13】 最終回:20.3%  平均視聴率:17.4%  右京の相棒役:成宮寛貴

【season14】 最終回:15.8%  平均視聴率:15.0%  右京の相棒役:反町隆史

 

こう見ると、season7からほぼ最終回は20.0%越え。

平均視聴率も17~18%はキープしているのは恐ろしいですね。

こう見ると、確かにseason14は、勢いがはっきりダウンしています。

そして、これを反町さんだけのせいにするのはどうかと思います。

脚本やキャラクター設定、裏番組の影響なども考慮して、

総合的に見ないとわからないでしょう。

 

ちなみにseason14の裏番組には、

日本テレビ「ザ!世界仰天ニュース」

フジテレビ「ホンマでっか!?TV」

TBS「水トク」

テレビ東京「水曜ミステリー9」

となっていました。

 

裏番組も強いですよね。

明石家さんま、中居正広、田村淳ですからね。

そして、2時間ドラマも見始めればとまりませんよね。

 

まとめ

いずれにしても、キャスト一人でドラマが作られているわけではなく、

その年の話題性や、制作スタッフ、他局の番組など含めて、

面白さは決まってくるのだと考えます。

それに、”飽き”というのも関係するのでしょうか。

杉下右京なしでは相棒は成り立たないとは思いますが、

視聴者の期待も、時々で変化するでしょうし、

制作側も変化してくるでしょう。

そこがどこまでマッチングするかどうか。

また、来シーズンもこのままいけば反町さんが続投の可能性

が大でしょう。

また、来シーズン、どうなるか、楽しみです。

 

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 - ドラマ